フィアット車の歴史 FIAT500 / Nuova500

外装はフィアット中身はサンバー!FIAT500『マキナ』は日本車エンジンの改造チンクエチェント

投稿日:

www.dailyturismo.com

■フィアット500『マキナ』とは?

古いクルマを現代の交通事情下でも普通に乗りたいという企画のもとに生まれた一台。その名もチンクエチェント・マキナ(おそらく由来はイタリア語のマッキナ macchina=クルマ、機械、マシン)

画像は海外で独自に改造されたスワップ車(Subaru EA81エンジン搭載)だけど、日本で「マキナ」と呼ばれるスバル・サンバーFIAT500は、2005年くらいに愛知のチンクエチェント博物館とスーパーオートバックス(兵庫県)が共同開発してフィリピンで製造された10台ほどが元祖。(なので外国ではそういう呼称はなくSWAPという括りのようだ)

日本においては、今ではエンジンコンバートされた旧チンクが総称的に「マキナ」と呼ばれる傾向にあると思う。

 

スバル・サンバー メンテナンス&バイヤーズガイド: エンスーCARガイドDIRECT

スバル・サンバー メンテナンス&バイヤーズガイド: エンスーCARガイドDIRECT

エンスーCARガイド
1,250円(11/27 18:58時点)
発売日: 2018/01/21
Amazonの情報を掲載しています
How to Swap Gm Lt Series Engines into Almost Anything

How to Swap Gm Lt Series Engines into Almost Anything

Bryant, Jefferson
8,094円(11/27 18:58時点)
発売日: 2020/09/15
Amazonの情報を掲載しています

 

その当時のブログ記事などから得た少ない情報によると、オリジナルの「チンクエチェント・マキナ」は500FのボディをベースにSUBARUサンバーの水冷直列3気筒のSOHC660ccエンジンが積まれ、トランスミッションや足回りもサンバーから流用。ギアは3速ATで、ディスクブレーキ方式。エアコンも装着済みだった模様。価格は279万7200円だったとのことだけど、諸経費もろもろ込みで300万円くらいだろうか。

 

ルパン三世でお馴染みの可愛らしいイタリア車に、メイド・イン・ジャパンのSAMBARエンジンを移植した、まさに異色なフィアット500は、ATオートマ化された上に快適なエアコンまで付けられちゃったりと、オリジナルの旧チンクエチェントを知っている人にとっては乗り味がちょっと想像できないような夢のマシンこと、マッキナなのである。

もちろん各所はきちんとレストア&整備されて、見た目はイタリアのクラシックカーなのに中身は国産の軽自動車で、エンジン排気量も660ccにパワーアップ。もちろん元々の設計からは逸脱するので、足回りをはじめ全体に渡り各部をチューニングを繰り返し仕上げていくのだろう。総合バランスは大事。

外観は往年のヴィンテージカーそのもの。ただインテリアは日本の軽自動車なので、オーナーさんによって好みのモディファイが施されるようだ。

 

製作自体はプロフェッショナルな方々の技術を以てすれば実現はさほど困難ではないと思うけれど、実際に公道を走れるよう
ナンバー取得するのがそれなりに大変らしい。改造車なので。

わざわざフィリピンで製作して日本に持ち込んだ経緯は、その辺りの問題をクリアするための裏技的な方法だったとのこと。ほぼ自作の車両を、海外から輸入する形をとって、日本で登録する。そこんところの法的な詳しい事は知らないけれど、いわゆる大人の事情というやつだと思われる。もちろん合法なのだろうけど。

※この記事は加筆中です※

-フィアット車の歴史, FIAT500 / Nuova500

Copyright© Nuova Cinquecentista , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.