フィアット車の歴史 FIAT500 / Nuova500 Prima Serie 1957-1960 500D 1960-1965 500F 1965-1972 旧チンク 整備日記 500L 1968-1972 500R 1972-1975 Giardiniera ジャルディニエラ

フィアット500の歴史|1957-1975 プリマ・セリエ誕生から最終型500Rの生産中止まで

投稿日:

Nuova500 Prima Serie プリマ・セーリエ

ヌォーヴァ500のファーストシリーズ『プリマ・セリエ』

その当時イタリア人に愛されていたクロムメッキも施されず質素とも言える仕様だった。4本のボルトで固定されたクリーム色の黄色いプレートのホイールのリムは、それまで製造されていなかった12インチのタイヤのホイールのカップを使用する必要性を排除するように特別に設計。

ステアリングコラムにもライトスイッチと矢印はなく、ライトはイグニッションキーモデルの6ポジションボッシュで完全に制御された(ポジションライトのみ、ニュートラル、ライトオフで運転、ポジションのあるギア、ギアハイビームでの運転、ディップビーム付き、矢印キーの真上のダッシュボードの真ん中に位置する無影灯を組み込んだ透明なレバー付き)

2つの側面フラップ開閉コンパスを除いて窓は固定されていなかった。それは全開時にステアリングホイール上の手の動きを妨げた。トランクの2本の管を通して、ダッシュボードの下にある蝶弁が付いている2本のノズルから空気を入れることができるヘッドライトの下に置かれたスリット。

しかし、1959年10月からは、抜け穴は正面の方向指示器に置き換えられ、車をニューハイウェイコードに適合させる予定です。屋根はキャンバスで構成されていて後部はビニールの後部窓を組み入れた。長いパンタグラフに支えられて開封され、巻き上げることができる。後部座席がなく、その場所にはパッドなしのベンチのみがあったため、当初は2席しか承認されていなかったという。ヘッドライトは将来のクロームフレームもなし。いくつかの溶接部が露出しており、内装のタペストリーは非常に貧弱だったとか。

後ろに蝶番(ヒンジ)を付けられた前開きドア。

内部暖房の機能も果たしていたエンジンを冷却するための空気は、後部窓の真下のグリルの空気取り入れ口(エアダクト)から吸い込まれた。その時期のほとんどの車と同様に後輪駆動のRRであり、ギアボックスには4つの非同期ギアとリバースギア(クイックエントリーグラフト)がある。

前方はリーフスプリングとショックアブソーバー。同軸のコイルスプリングを持つ独立した車輪。4ドラム式油圧ブレーキシステム600から継承された。

リアライトは楕円形で、ポジションライト、ストップ(赤)、方向指示器(オレンジ)を含みます。フロントヘッドランプにはハイビームとロービームのライトのみが含まれ、フロントポジションはフロントフェンダーに配置されたドロップ状(涙型)の方向指示器が組み込まれた。

イグニッションキーと6ポジションのライトコントロール、スイッチギアのライトのためのスイッチ、3ポジションのワイパースイッチ付きの小さなダッシュボード。内蔵ライト付き矢印用の透明レバースイッチ。ダッシュボードにはスピードメーター、走行距離計、警告灯(緑色)、発電機または発電機、ガソリンおよびオイルが組み込まれる(赤)。

ギアの限界を示すために、23 km / h、40 km / h、および65 km / hに配置された3つの赤い印がある。フルフロアは100 km / hです。ダッシュボードの下には、板金製のグローブボックスがあります。ステアリングホイール、ダッシュボード、ギアシフトノブはニュートラルベージュです。ギアレバーのすぐ後ろのトンネルには、スターターモーターと空気を制御する2つの金属製レバー。これは一本(左側)がスターターレバーで、もう一本(右側)コールドスタートに便利な混合気エンハンサー(チョーク)。

 

しかしながら、想定に反して、当初は大衆の歓迎をなかなか得られなかったという。

新しい小型車(Nuova500)は、ほとんどのイタリア人の目にはあまりにも「スパルタン」(娯楽的要素がない)に映った。車を飾るきらめくクロムメッキに多くの人が憧れを抱いていたような時代。

フィアットが狙っていたクライアントタイプは、かつての「トポリーノ」の所有者、そしてオートバイを通勤や生活のアシに使っている層の取り込み。600(セイチェント)に替わる提案だったにも関わらす、600を所有していた層からはパフォーマンスの低下も批判の根拠となった。エンジンパワーは抑えられ、ツインシリンダーエンジンは低回転ではあまりにも多くの振動を生じ、高速域では騒々しすぎるというわけだ。

そこで、何とか顧客を喜ばせるためのテコ入れとして、フィアット社はフォローに徹する。

同年9月には、オプションのクロムメッキホイールカップのリストに追加され、わずかに改良されたバージョンが発表された。さらに、大幅なアップデートを考え、エンジンとセットアップの両方に取り組むことになる。

最初はキャブレターで見直し(Weber24 IMB 2)バルブのタイミングと立ち上がりが向上、4000 rpmで15 hpの値まで出力が向上。最高速度は90 km / hに上昇。そして、側面と窓のクロム枠など細部のドレスアップを施す。

1957年11月から、New 500は2つのバージョンで販売される。

Economica エコノミか(発表のそれ、490,000の代わりに465,000 lireのために売られた)とNormale、上で説明された改良されたセットアップ(490,000 lireのために売られた)自動車の歴史の中でユニークなケース、ノーマルの発売前に販売されたヌォーヴァ500エコノミカの所有者は、小切手で25000リラの違いを受け取る。そして無料のエンジンアップグレードのために公認のFIATサービスステーションに招待される。(※この施策は、1957年7月から1957年9月までの3ヶ月のみではあった)

 

500N economica エコノミカ

同年の11月に7月に発表されたSpartana Nuova 500は、トリノモーターショーのためにいくつかの変更を受けた。まず最初に、それは先述の通り「Fiat Nuova500 Economica エコノミカ」で、最初のシリーズとほとんど同じながら、エンジンは4200rpmで15馬力を発生、デフレクターのための開口部をなくし、開閉可能な窓(最初期はハメ殺し)を含む若干の細部を改訂する。最高時速は90km。

  • フレームコード:Fiat 110セダン500
  • エンジンコード:110,000

 

500 N Normale ノルマーレ

一般からの需要を増やすためにトリノショーで提示されたバージョン。

15 hpから4000 rpmまでの479cm³を装備し、時速90kmに達する。標準装備品はより豊富になり、アルミフレーム、サンバイザー、フロントボンネットのアルミプロファイルと側面のモールディング、アルミカップのホイールカバー、フロントウィンドウの下降、オープニングストップ付きのデフレクターを備えたヘッドライトを提供します。 、後部座席パッド付き、ステアリングコラムの矢印とレバーコントロール、センターコンソールの矢印のためのダイバータの代わりに警告灯がつけられる。後部ボンネットには「Nuova 500」のエンブレムが配される。価格は最初のシリーズではまだ49万リラに固定された。

  • フレームコード:Fiat 110
  • エンジンコード:110,000

 

この車から500(チンクエチェント)のブームが始まるといえる。そしてそれは、バージョン500Dと500Fで60年代で最高潮に達するのだ。この小さい車は好まれ、売上高はすぐに急上昇することになる。それは600(セイチェント)以上の成功を収めることとなった。他の車を買うことができない低所得者層も500を買い、どんな高級車でも買うことができる富裕層も500を買った。

 

そしてフィアットの目標通り、ヌオーバ・チンクエチェントはスクーターに十分対抗することができた。

その燃費はスクーターに匹敵し、経済性が高かったのである。また、ヴェスパと同じくらい簡単に駐車スペースを確保することができた。道路規制がまだゆるかった当時のイタリアで、ヌオーバ・チンクエチェントは渋滞も小ネズミみたいに縫うように走ることができる。また、土日の療法を休むいわゆるイングリッシュウィークエンドを過ごすことができるようになった労働者の間では家族で週末にピクニックに出かけることができる大きさの車として大いに歓迎された。

潜在的な需要があるオートバイ(ベスパ)を買い取って、潜在的な需要を取り込む戦略。600と同じく、Vittorio Valletta(ヴィットリオ・バレッタ)が鬼才ダンテ・ジャコーザに依頼した采配は見事に当たったのだ。

医者、主婦、労働者にいたるまであらゆる階級の人々にぬオーヴァチンクエチェントは受け入れられた。

そして、変貌するイタリアの生活にあわせて、ヌオーヴァ・チンクエチェントも時代と共に変わっていくのである。

 

500 Sport スポルト

ハードトップが付いているフィアットNuova 500スポーツ最初のシリーズ。

1958年にNew 500の売り上げを改善するために、それまでは少し停滞していたが、New 500 Sportは "Berlina"と "Berlina Tetto Apribile"のバージョンでより大きなパナッシュを持つ車を提供するために発売される。後者はハーフルーフキャンバスをマウントする最初の500で、その後New 500 Sunroofから採用。

変更は多数あり、エンジンとボディワークに関係している。スポーツはすぐに肋骨とベルトラインと赤い円の高さで側面全体に沿って走る赤いバンドを持つ特徴的なツートンカラーの白い色が交差する堅い金属屋根を持つ。エンジンは479 cm 3から499.5 cm 3への排気量の増加、タイミングの異なる新しいスチール製カムシャフト、磨き上げられたサクションダクト、強化されたバルブスプリング、圧縮比を向上。メインジェットとベンチュリー管が付いているWeber 26 IMB2 キャブレターをマウントしますわずかに大きい直径の。後に同じく500Rで採用された8/39橋への異なる比率のおかげでも、出力は21.5馬力に上がり、最高速度は105km / hを超える。

このエンジンは後にも採用され、少し改訂されるD、F、L、Autobianchi Bianchina Specialの各バージョンでも用いられる。価格は560000リラに設定。その後まもなく、サンルーフバージョンとしてもセットアップされる。縮小されたトップと銀色の円。当時の自動車の製造コストは使用されるシートの量にほぼ独占的にリンクされていたため、価格はリジッドルーフバージョンよりもわずか495,000リラになった。インサイドニュー500スポーツはダッシュボードのためだけに他のバージョンと異なっていた。それは実際には同じ形式ながら、0-20-40-60-80-100-120 km / hの縮尺と30、50および75 km / hに制限速度の赤い円が表示されている。 このタコメータスケールは、ブリッジと同じ関係にあるため、同じダッシュボード(形状は同じだが黒色)を取り付ける500Rでも再利用されている。

発売後の最初の数ヶ月で、早速スポーツ走行でも結果を出し始める。500スポーツは、1958年の有名なホッケンハイム12時間を含む多くのレースで優勝し、500cm³までのカテゴリーの最初の4つにランクイン。フィアット社が望んでいた通り、広く公衆にアピールすることに成功した。

  • 製造された標本の数:不明、他のバージョンと共通のシリアル番号を持つ
  • フレームコード:Fiat 110 Sedan 500
  • エンジンコード:110.004

 

コンパーチブルとサンルーフ

1959年、500は4つの実際の座席のために承認されており、サロンで発表ジュネーブ:二つの新しいモデルの新しい500コンバーチブルまだエンジンフードとの経済・フードの設定まであり、新しい500サンルーフを組み込む。ノーマルとスポーツのハーフオープンルーフのインストール。最後に、床は後部座席の足のための井戸が作られている前部座席の下で修正される。パッドを入れられた後部座席は合い、そして4人用に承認される。増加した流れの結果として、後車軸は強化されます。エンジンは改訂され、出力は16.5馬力まで上昇し、最高速度は95 km / hに達します。

価格も変わります:コンバーチブルは395 000 lire、サンルーフは435 000 lireです。

同じ年の10月には、範囲はNew Highway Codeに準拠しています。後部ライト(同じく600 Dにマウントされている)、反射板の追加でより大きくそして修正されて、ヘッドライトの下のグリル空気取り入れ口は排除されて、そしてその代わりに同じくライトの役割を果たす前方向指示器が現れるポジションの ホタルは形を変えるのではなく、丸くなります。

  • フレームコード:Fiat 110 Sedan 500
  • エンジンコード:110,000

500 Americana

60年台、アメリカとヨーロッパは好景気にわきミニカーはもてはやされた。日本でも小型自動s国内市場のちに輸出。アメリカでもサブコンパクトカー呼ばれる小型。500に比べると大きい。1957年に誕生した500のコンセプト「ミニカー」は全盛期。

1957年12月から、500はItalterraと共に海によって米国に輸入されました彼らの小さいサイズと小さい空冷のツインシリンダーエンジンの騒音のために、アメリカの大衆との多くの好奇心と強い同情を呼び起こします。国内市場向け、より一般的にはヨーロッパ向けのバージョンと比較して、米国で輸出されているNew 500 Normale、Sport、D、およびJollyには大きなヘッドライトが付いていました。米国の交通法によって課される光線の最小の高さ。アメリカのヘッドライトのもう一つの特徴は、いわゆる "シールドビーム"構造です。それはヨーロッパで使われてきた古典的な電球ですが、灯台自体は明らかにシールタイプで、直接溺れたフィラメントのアンプルとして機能しました。たとえ話で。彼らはまた、最初に米国で承認されたルーカスイングリッシュライトに対応するためのサポートが装備されていたリアライトを変更したので、イタリアのファンは特別に建てられ、承認されました。方向指示器は異なり、大きかった。フロントラウンドで内部換気のグリッドの上に配置されたものも、アメリカの基準に従って作られましたが、数年後に非常に似たデザインをしたイタリアのモデルに登場しましたが、ポジションが異なりました。ライト以外にも、Fiat 500 "America type"には、スピードメーター - マイル走行距離のスケール、英語で書かれたスパイ、そしてロブラム付きの大きなバンパーなど、アメリカのユーザーが要望するその他の改良が施されていた。それでもドライバーでさえあれば、バンプ オセアノを超えて、彼らは駐車場を「プッシュ」していました。しかし、関心はすぐに消え、輸入は1961年に終わった

 

500 GiardinieraとCommerciale

1960年には、フルレンジのためのエキサイティングな年である。Giardinieraとバージョン500Dの誕生となる。

フィアット500ジャルディニエラはステーションワゴンとして発売された。1960年の500Dにはさらに上下に開閉する窓とサンルーフが装備された。そして60年台中頃の道路法改正によって生まれた500F 500Lではドアが補強されよりパワフルなヘッドライトも装備。

しばらくの間、古い "Topolino Giardiniera Belvedere"が欠落していた。これをステーションワゴンまたはファミリーワゴンと呼ばれるタイプの車だ。エンジンのサイズが拡張積荷区画の建設を妨げるので問題は深刻だったが、繰り返しにはなるものの、やはりデザイナーであるDante Giacosaは天才であった。技術的に非常に重要な解決策を考案。それは唯一無二のエンジン設置方法により、完全にローディングプラットフォームの下に収納することを可能とした。1960年5月に " Giardiniera "と " Commercial "のバージョンが誕生。後者は " Van " とも呼ばれる後部ガラス面がないことを特徴とする。

基本的にはシリンダーは横に切り落とされて水平にされ、空気コンベヤーは新しいエンジンを包むために修正され、遠心ファンはラジアルファンに置き換えられる。空気取り入れ口は後部の支柱に組み込まれた2つのコラム空気取り入れ口によって取り替えられる。排気量は500スポーツを装備するエンジンと同じ。しかし、電力と供給は異なった用途に適応するために柔軟に対応。エンジンは17.5馬力を供給し、車は95キロ/ hに達する。

このエンジンは、500 Giardinieraに加わるAutobianchi Bianchina Panoramicaでも使用されていたが、より洗練されたエレガントな車を探している聴衆に向けられている。

ボディワークは根本的に修正された。新型はセダンと同じボディを採用正面扉の端まで、それから風に向かって開くようにして、そしてもっと四角形の形で後ろに向かって伸びる。テールは完全に新しくて正方形。ボンネットの代わりに側に蝶番を付けられてそしてドアのように開かれたテールゲートがある。ピッチは10cm伸びている。後部窓は長方形でスライド式。テールライトにはティアドロップトップがあり、ナンバープレートライトは異なるものに。屋根は部分的に硬直しているだけで非常に長いフードを再現。後部座席の背もたれは長い積載スペースを形成するために折り畳むことができるが、当初は残留角度のために平らではなかった。

寸法はセダンより大きい。Giardinieraは長さ3,185 メートル(21.5  cm)高さ1,354メートル(2センチ以上)。1960年3月から10月までの500 Giardinieraは、New 500 Openable Roof(拡張燃料タンク)の仕組みを取り入れている。1960年10月から1965年3月にかけて、ニュー500 Dとそれに伴う生産過程でのすべての改良が行われた(キューブタンク)。矢印の表示灯の内側(イグニッションスイッチの上)と投光灯の表示灯(ダッシュボードの左側)。スターターとスターターレバーはプラスチック製ノブと融合しています。コンベックスホイールカップ 1961年から、ダッシュボードの下のワッシャーとパディング。1964年以来、自動リターン付きフロントガラスワイパー、5の代わりに6枚のブレードを備えたフロントリーフスプリング。

1965年3月から1967年1月まで、モデル500Fが採用されている。22リットルのタンクと細長い形状、ボンネットとハンドルの高さのサイドのクロムがなく、丸みの少ないホイールカップ(タイプ)が特徴。フィアット850)。セッティングの内側はセダン「F」と同じ:スケールが0-20-40-60-80-100-120 km / hのダッシュボード、「ジェネラト」と書かれている。発電機の表示灯の「ダイナモ」の代わりに、ダッシュボードの右側にハイビームが点灯し、左向きの矢印、四角いライトスイッチ、ライトとフロントガラスのワイパーが揃っている。

 

Giardinieraのアウトビアンキ版

1968年2月、Autobianchiは完全にフィアット軌道に入った。そして500 Giardinieraの生産は決定的にDesio(MI)に移された。イタリアの市場のために名前は「Autobianchi Giardiniera 500」になる。それ以前は500 DとFだったが、Bianchinaのそれを組み込んだフロントを変更する。

1972年以降は、後部直立部に配置されたエンジン換気グリルがアルミニウムの代わりにプラスチックで取り付けられるのに対し、スライド式後部窓はコンパス開口部を持つものと交換される。

1974年から1977年にかけて、彼はフロント(フィアット500 Rのアタッチメントに作られたAutobianchiフリーズを使って)とリアウィンドウを変更し、コンパスを開けたり固定したりしました。ヴァン500と呼ばれる変種がジュルディニエラとして生産されています。後部座席がないため、前部座席は2つ、貨物スペースはより広くなっています。後部窓とフードは堅い板金部品によって取り替えられます。屋根は4つの肋骨によって補強され、前部座席の後ろには荷室と同じ高さのシートメタルカバーで覆われたコックピットコンパートメントが追加。

  • 価格:565,000リラ
  • フレームコード:Fiat 120(名前:Nuova Fiat 500 Giardiniera、Autobianchi Bianchina Giardiniera、Autobianchi Giardiniera)
  • エンジンコード:120,000

 

500D

1963年のFIAT Nuova 500D。ポリアルミニウム製の側面に沿ったドア、カップとモールディングのモールディング、シートメタルとボルトで固定されたリアルーフは、長いソフトトップとの取り外しと交換が可能です。

10月には1960年、Giardinieraの登場後まもなく、セダンの新しいバージョンが500Dとして設定。スポーツを含むすべての以前のモデルを置き換えられる。以降は、サンルーフと変形可能なタイプはもう存在しなくなる。Giardinieraと一緒に、Fiat Nuova 500の1960年の範囲を構成する新しいバージョンDにすべてが統一されている。

標準的なセットアップはいくつかの細部で豊かなものとなった。改善された後部ベンチは積載面をつくるための折りたたみ式となり、振動対策も兼ねている。パッド入りアンダークッションの端は、膝での衝撃を和らげるために機能する。ダッシュボードの左側にあるインジケータライトとハイビームライト(強度調整可能)。運転席ドアの開口部の内側の礼儀ライトを点灯する。ガソリンタンク(21リットルの容量)、フロントブーツの寸法に合わせて運転席側にのみ配置。ソファの乗客のための両方の後部内部コラムの上のヘッドボードパッド。エアフィルターボックスは、もは​​や3本のボルトで閉じるのではなく、2本の実用的なプッシュナットで閉じます。ホワイトサイドタイヤとカー​​ラジオはまだオプションとして利用可能です。最高速度はGiardinieraのように、時速95 kmに達する。

過程で1961標準パッド入りサンバイザーとして提供され、ダッシュボード、フロントガラスウォッシャーマニュアルブロワー、運転席側のドアによって制御礼儀光自動点火の中心にある灰皿。1964ワイパー自動復帰なり、ハンドルの高さで両側の成形品は後ろに短い」ビットとなり、フロントリーフは、6枚のブレードの代わりに5を有する。

トリノのヴィタロニ兄弟によって設計され、1964年のフィアット500 Dのステアリングホイールに適用されたサーボクラクソン(またはホーンリング)。特に50年代から60年代の間の一般的な嗜好を反映したエレガントな時代のアクセサリー色彩と美的価値に一役買っている。

 

当時のアクセサリーは、FIAT以外でも広く製造されていた。トリノのVitaloni兄弟によって製造されたservoclacsonまたはホーンリング(ハンドルの縁から手を離さずにブザーをより簡単に使用できるようにするため)。ビニールレザーのステアリングホイールカバー。多くの車に見られる典型的なアクセサリーで、ガイドのクラウンを握りやすくする。

助手席側にミラーが組み込まれたサンバイザー。クリーム色の背景に金色の「FIAT NUOVA 500」の文字、または助手席用の「cinquecento」とプラスチック製のハンドルが付いたダッシュボードのフリーズ。様々な色(赤、黒、黄土色、ハバナ、グレー、緑、水色)のゴム製マットと、2〜6枚のゴム製マット。前面マスクは、全体がアルミニウム製またはプラスチック製で、アルミニウム製の口ひげが付いています。

フロントボンネットの蓋は、赤のFIATエナメル加工のエンブレム(三角形)、磨かれたアルミニウム、そして鍵付き。BLOSTER、盗難防止、ステアリングアーティキュレーションをロックするためのキーで制御(下から作用するスプリングクランプでスイッチに沿って適用)。キーで燃料タンクのキャップ。

衝突時の衝撃を和らげるためにゴム補強されたバンパーのための演壇。美観上の理由と排気煙をより低く導くための両方に使用されるマフラーの最終パイプに適用されるクロムメッキ排気端子。黒いプラスチック製の「棚」、FIAT 600スタイル、ダッシュボード全体の延長線上に沿って適用。ハンガーフック(これもまた乗客用ハンドルに組み込むことができる)。シートカバーは布製または籐製。車内の換気をより確実にするために、フードを半開きに保つためのフック(現時点では、フレームのフロントシャフトの中心とフロントガラスの上部との間)。

これらすべての選択肢、60年代初頭の豊富なクロームメッキ、そして1962年に雑誌「Quattroruote」が書いたように、成功したコンパクトで丸い線は、500の決定的な成功を宣言した。頭字語「D」は、今、古いFIAT Topolino 500 Cの自然で進んだ継続:そのすべての拡張に沿って。ハンガーフック(これもまた乗客用ハンドルに組み込むことができる)。シートカバーは布製または籐製です。車内の換気をより確実にするために、フードを半開きに保つためのフック(現時点では、フレームのフロントシャフトの中心とフロントガラスの上部との間)。

  • フレームコード:Fiat 110 D Sedan 500
  • エンジンコード:110 D 000

そして忘れてはならない「モレッティ Moretti」。素晴らしい500クーペが希少台数ながら世に送り出されている。

 

500F

1966年製のFIAT Nuova 500 Fの側面。変更点と審美的な単純化が以前のモデルDと比較して明らかになっている。風に対するドアのヒンジ。アルミ成型品なし。新しいプッシュボタンの外部ハンドル。より高くそしてより広い風防ガラス。後部屋根はパビリオンの型に統合されました。クロムメッキのほくろは、スチール製で磨かれたアルミニウム製でなくても、ドアや古いデザインのカップの下に残る。

 

1965に提示されヌオーヴァ500F。生産台数が最も多いバージョンの「F」は「D」の後継車だ。

ドアが前ヒンジの後ろ開きに。1965年のこの変更は、ハイウェイコードによるもので、安全性を高めるためのもの。FIAT社は500セダンには適用したが、Giardinieraには適応しなかった。これは、コードが商用車の免除を規定していたため、生産中(1977年まで)は変わることはなかった。

それはドアの反転だけでなく、多くのボディワークが見直されいる。実際には、ボンネットと前部だけが500Dと共通する点。

最初のシリーズのFIAT 500Fのエンブレム。その後、それは1968年8月からそれに追加されるであろうLussoモデルのための碑文「FIAT 500」と最後の「L」の重ねられた水平バーラベルによって置き換えられる。

 

他の重要箇所も詳細が変更されている:

フロントガラスはより広く、そしてより大きな視認性を提供。屋根は支柱と一体に作られていて、もはや柱にボルトで固定されていない。マスクの前面フリーズはプラスチック製となり(1966年以降)、アルミの口ひげではなくなっている。(プラスチック時代の到来…)ドアハンドルはクロームメッキされており、その形状は新しいタイプの開口部に適している。ホイールカバー(またはカップ)はスチール製で(1967年以降)、もはや磨かれたアルミニウム製ではない。ヘッドライトはアルミニウムの代わりにクロームメタルフレーム(1966年以来)を持ち、非対称ビームプロジェクターを使用。ポジションライトはリアライトのようにアルミ製のベースを失う。フードは、屋根の両側にある2つの小さな金属製のフックではなく、1つの黒いプラスチック製の中央フックで閉じられる。フロントボンネットのアルミプロファイルとサイドのモールディングがなくなる。3つのダッシュボードスイッチ(ライト、パネル照明、ワイパー)はダッシュボードに沿って並ぶ。グローブポケットはフィブリット(一種のプレススミアボール紙)であり、より大きい寸法を有する。タンクはもはやタマネギではなく円筒形であり、その容量は22まで上がるリットル; ナンバープレートライトはプラスチック製(1966年以降)。エンジンはまだタイミングで修正されて18馬力を発揮。サスペンションは強化され、アクスルシャフトは直径が大きくなっている。ブレーキシステムもアップグレードされており、より大きなシリンダーを採用しています。1966年の夏には(シャシー1,211,123まで)マフラーはもはやDのように滴り落ちるのではなく、(丸みを帯びた端で認識できる)重なり合ったハーフシェルがあり、プレートライトはプラスチックで作られ、もはや磨かれたアルミではない。1966年の最後の月まで、フロントガラス用ワイパーはまだ「きつい」、スターターエアリンケージトンネルのキャステレットは2本のネジで固定されている。

1968年10月に、いくつかの変更はそれをサポートする "L"バージョンの登場と一致するようだ。「Nuova 500」の文字がリアボンネットに表示されなくなり、横のプレートに「Fiat 500」の文字が刻まれたバーが表示されます。シートはベージュのトップベゼルを失い、単色になります。1970年2月以来、ナンバープレートライト(Lのように)はより高く動かされます。1972年11月、L型と並行して「小型大型車」の最新版が発売される500 Rが生産される。

  • フレームコード:Fiat 110 F Berlina 500
  • エンジンコード:110 F 000

500L

豊かになった消費者の購買意欲は増してゆく。中流階級に人々も車を所有できるようになった豊かさの象徴。500LのLussoはイタリア語でまさに贅沢を意味する言葉。車体もより頑丈に製造された。かつてのキャンバストップ(コンパーチブル)はなくなり、ボディがモノコックに改良され、本物のサンルーフとなる。またフロントガラスと燃料タンクも大きな物となった。そしてチンクエチェントは社会により浸透していった。

だが、小型自動車を生産していたのはフィアット社だけではなかった。ブリティッシュモーターコーポレーションBMC社はイギリス国内のガソリン供給不足の解消として小型車の開発を始め1959年モーリスミニマイナーのラインが動き出したのである。

フィアット500のリアに搭載された空冷ニ気筒直列エンジンとは違いミニのエンジンは横置きで車軸と直接つなげられトランスミッションシャフトは取り除かれた。このモーリスミニはライセンス契約によってイタリアのイノチェンティ社でも製造される。そしてそこはフィアットのミニカー開発を触発したスクーターランブレッタを開発した会社であった。のちにイノチェンティ社はフィアットグループに吸収されてしまうが(今でも)自社ブランド名のミニカーを製造し続けている。

時代は変わります。500 Fの成功を考えて、フィアットは小型車をより洗練された「豪華な」ものにするために、小型車に実質的な化粧品の変更を加えることにしました。それから、1968年 8月に、500 Lは生まれました。最も明白な違いは、バンパーへのクロムメッキ補強パイプの採用(いわゆるエルコリーノシステム)です。イタリアの小型車には、駐車場や都市交通の保護を強化するためです。

1968年のFIAT 500 L時代のスポット。画像の左下に描かれているのが、後部ボンネットに置かれたモデルのIDプレート(エンブレム)

 

バンパーの管状補強材を超えて外側では、修正が関係している:

圧力で接合されもはやねじ止めされていないフロントガラスワイパー。より現代的なFIAT長方形エンブレムに置き換えられた口ひげのフリーズ。Fと同様に、ホーンはクロスボウサポートのために下に移動。2本の重なっているバーに« FIAT 500 L »と書かれた銘板。丸みを帯びたホイールカップが少なくなり、より正方形に近いデザインになりました。フロントガラス、リアウィンドウ(黒いガスケット内)、サイドにクロームフレームが垂れ落ちる。

FIAT 500 Lのインテリア。カーペット、ステアリングホイール、850 Specialの長方形のダッシュボード、そして黒いプラスチックで覆われたダッシュボード。

 

500 Lの内側には、さまざまな仕上げが施された500 Fおよび以前のモデルの伝説的な質素さが否定されている。

標準リクライニングシート(Fにもオプションとして'70から提供)および新しいストライプデザイン。カーペット床材 黒いプラスチックで覆われた板。残量計付きの新しいダッシュボード。850と同じですが、ベージュではなく黒。ホーンボタンに赤いFIATロゴが入った黒いスポークステアリングホイール。新しいデザインのドア開閉レバーと下部に移動。新しいウィンドウリフトクランク。黒いプラスチック製の快適なポケットがドアの2つのフロントパネルに挿入されている。中央のトンネルは黒いプラスチックで覆われていて、ギアレバーの前にグローブボックスを備える。力学的にはFと同じ。ボディワークに関しては、このモデルは経済的、産業的な理由から、製造過程でFに加えられた変更に従う。1968年以来、ホーンをラゲッジルームからクロスボウに移された。1970年以来ナンバープレートライトの高い変位。1972年7月以来、エンジンボンネットはゴムベルトの代わりにアームで開かれている。

またLで導入されたオプションはFに拡張される:ラジアルタイヤ(生産の始めから); 盗難防止ステアリングロック('70以降)。布の座席をコーティングする('69以降)。色の範囲は最新のファッションにその期間の色で豊かにされます:黒と黄色。FとLが500 Rに置き換えられた1972年11月に生産は終了。

  • 1968年9月の表示価格:525,000リラ
  • フレームコード:Fiat 110 F / L Berlina 500
  • エンジンコード:110 F 000

 

500R

FIAT 500 Rのビンテージ広告画像。FIAT菱形エンブレム。

1957年以来300万台以上が製造され、イタリア中に広く出回ったフィアットのミニカーは、より高性能な車が求められる中で、次第に市場を縮小していった。売上が大幅に落ち込んだ1972年フィアットは時代にふさわしい新しいモデルの模索をはじめる最初に改良されたのは600だった。同じ様な仕様でより現代的な。その結果誕生したフィアット126。

1972年ヌオーバチンクエチェントも新しくモデルチェンジするときがきた。フィアット500はフィアット126に生まれ変わる。126は政府が南部地方の開発を進めるために進めたフィアットの新しい工場モンテカッシーノで製造。

549っcと同じエンジンをリアに搭載していた。数年後には652CCに拡大。500に比べ角ばったデザイン。全長は約十センチ長いだけ。車内スペースは広くなり、車体も補強され、外装も改良。それでも1,2速はまだシンクロ化されず、メカ的126は500とほとんど違いはなかった。

また在庫がかなり残っていた500用のボディパーツを流用したモデル500R Rはリノベーション復刻の頭文字1975年まで126と並行して販売されていた。しかし、イタリアで126は500ほどの反響を得ることはできなかった。時代が変わったのである。労働階級そうと言われた人々も豊かになりより大きな車を求めるようになっていたのだ。60年台に繁栄を続けた消費者市場は70年台初頭をオイルショックを期に下降しはじめていた。126はもはや労働者の車でもなければ都会に暮らす人の車ともいえなかった。若年層向けとしては申し分なかったはずだが、500ほどの人気を得ることは出来なかっtあ。若者の間でも受け入れられなかった。フィアット500がまだ現役でイタリアの道路を走りその耐久性を証明している一方で126は深刻な錆問題に悩まされていた。1976年イタリアでのフィアット126の製造は中止された。代わりにスペインやポーランドで製造されるようになり、今日も製造され続けている。

1972年トリノサロンで最新バージョンを提示された500Rは「改装版」のRivisedの意味を持つ。同時にフィアット126も展示されている。

新しいモデルは生産から出てくるFとLバージョンを置き換え、そして最初の500の規範を組み込んでいます:単純化とスパルタニティ。エンジンは、しかし、126最初のシリーズで使用されているもの。:シリンダ容量を持つツインシリンダFとLは594立方センチメートルに増加した。新しい126でそれは2300馬力を4,800rpmで提供する、500Rで力は前のバージョンのそれのままである:18馬(4,400の代わりに4,000rpm)そしてトルクはわずかに増加する。New 500 Sportのロングブリッジ(8/39)との関係が確立され、トルクのごくわずかな増加とともに、500 Rはついに100 km / hに達します。外観上の特徴は以下のとおり。

クロムメッキ(敷居のモールディングなど)の抑制。リアボンネットにバーが重なった「FIAT 500」プレート。126の押されたシートの車輪、その形状のため、彼らはクロムカップを必要としません。正面にひし形のFIATフリーズ。

 

黒いFタイプのダッシュボードと、新しい500スポーツのタキメトリックスケール、最大速度30、45、および75 km / hの赤い円。ハンドルタイプFが黒。ダッシュパネル、インジケーターライト(ダッシュボードの左側)、投光器(右側)、ライトスイッチ、イグニッションスイッチ、フロントガラス用ワイパースイッチ:ダッシュボードライトスイッチが消え、スイッチが自動的に入ります。ポジションライト Lのすべての仕上げの抑制:厚板プラスチック、カーペット、ドアポケット、グローブボックスなど; 後部ベンチは再び固定した。座席はもはや横になっていて、ステッチなしで無地のレザーレットで覆われていません。オプションの中にはラジアルタイヤ、布シート、盗難防止用ロックのみが残っています。による価格70年代のギャロッピングインフレ率は、1972年の660,000 リラから1975年の1,064,000リラ、生産の最後の年に劇的に上昇。

70年代はプラスチックのより多くの角型と正方形型の出現とより多くの使用の出現によって特徴付けられる:FIAT 126は時代の購入において500の代わりとなる。しかし大方の予測の通り成功したとは言えない車種だった。イタリアで最も愛されている車チンクエチェントと比較され、人々のノスタルジックな思い出から抜け出せなかったのだろう。

  • 1972年11月の表示価格:660,000リラ。
  • 1975年8月の表示価格:1,064,000リラ。
  • フレームコード:Fiat 110 F II Sedan 500
  • エンジンコード:126 A5 000

 

フィアット制作

生産1971年トリノでも500 GiardinettaとのためのDesioのdell'Autobianchi工場ではないだけに起こるシチリア島にあるテルミニイメレーゼにあるパレルモの州。後でそれは完全にシチリアの工場に移動される。最後の例、 "500 R"ターコイズバタフライは1957年の最初のシリーズの発売から18年後の1975年 8月1日にSicilFIATの組み立てラインを去る。最後に作られたモデルはシャシーナンバー5,231,518。

1957年から1975年までに製造されたモデルは次のとおり。

  • 500セダン
    • FIATマーク付き3 893 294個
    • Steyr-Daimler-Puchオーストリアのライセンシーからの57871。
    • 1959年から1963年までの間にフィアットネッカーによって作成された6 190部、ドイツ支店(非公式番号)
    • 1959年から1969年までニュージーランドの支店であるVW Motorsが製造した5,000台(非公式)
  • 500 Giardiniera:イタリアでのみ327 000、FIATとAutobianchiのブランド。

合計425万部以上。

 

メンテナンス

New 500の本質は最低の維持費を要求した。ヘンリーフォードは、「車の中では、そこにないものはすべて壊れることはあり得ない」と述べ、そしてこの観点から、「Cinquino」はほとんど破壊不可能な車であった。それはまたFIATが驚くべき価格で車を提供する海外でも良い結果を得ています。同じ価格で、フランスではなくドイツでバイクを買うことができる。

 

新しい500は、非常に多くの「特別な」バージョンの対象となっている、または小さな直列に内蔵されたバージョンは、「ドライバー」のカテゴリを新興するためのもの。または、これまで想像を絶する要求とエリート主義を満たすために第二のマシン。

いくつかのバージョンは、特にメカニックに加えられた変更によって特徴付けられました。トレーナー、特にAbarthとGianniniによって準備された彼らはすぐに神話に入り、多くの競技で勝利した。

よりスポーツ的なバージョンと並んで、あまり一般的に知られていない他のバージョンがありました。それらは発表の時点では真の希少性です。両方とも値段があまりにもエリート主義者。そして、さまざまな自動車会社とプロのコーチビルダーの意欲の欠如のために、強い内部容積とシャシーのかなりの制約の両方のために改善のための低い余地を保証するモデルに投資すること。審美的および機械的特性に任されています。しかしながら、特別版のリストは非常に立派:フランシス・ロンバルディマイカー、ヴィニャーレ・ガミン、フィアット500トカゲ、シオネリ、ギア・ジョリー、Fruaクモ、Canta、Viotti、Monterosa Cabriolet、Siata Trasformabile、Ferves Ranger。ベルトーネ、ピニンファリーナ、アレマノ、サビオ、ボアノなどによって作られたプロトタイプさえあった。

-フィアット車の歴史, FIAT500 / Nuova500, Prima Serie 1957-1960, 500D 1960-1965, 500F 1965-1972, 旧チンク 整備日記, 500L 1968-1972, 500R 1972-1975, Giardiniera ジャルディニエラ

Copyright© Nuova Cinquecentista , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.