錆対策 / サビ補修 旧チンク 整備日記 ボディ補修 / リペア

旧チンクの錆びを出し切る【インテリア編】フロアとタイヤハウスの接合部が要注意!

投稿日:2019-01-14 更新日:

あまりショッキングなことは、出来ればやりたくはないのだけれど、仕方ないから塗面を剥いで錆びとご対面。すっかり錆びブログになってきました(笑)

 

パッと見は部分的なサビでも、

 

塗面がカサブタみたいに浮いてる箇所はもうダメだ。

 

一皮剥けば、ほらこの通り。まあ、表面だけどボロボロに腐るまで逝ってないし、ボディ強度には影響ない。しかし放置すれば侵食は進むだけなので今のうちに徹底的に根絶する。

 

こういう際(きわ)の溶接された接合部は、致命傷になりかねない。

 

アクセスが困難だけれど、タイヤハウスの接合部もサビの温床となっている。

 

ノックスドールの到着が待たれる…!

-錆対策 / サビ補修, 旧チンク 整備日記, ボディ補修 / リペア

Copyright© Nuova Cinquecentista , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.