錆対策 / サビ補修 旧チンク 整備日記 ボディ補修 / リペア

フィアット500のドアの構造は旧車らしいレトロで単純なギミック。まさにシンプル・イズ・ベスト

投稿日:2019-01-21 更新日:

中空になってる旧チンクのドアだが、知らない内に中がサビまくり…なんてことになりかねないので、たまには開いてチェックしたい。が、普通はなかなか外さないのかもしれない。わりと簡単ではあるのだけど。

 

右上の扇形の部分にドアレバーが装着されていて、引っ張られたロッドによりラッチが外れてドアが開く。えらく単純な構造。

 

こちらはウィンドウを上げ下げするギミック。

 

 

 

 

 

-錆対策 / サビ補修, 旧チンク 整備日記, ボディ補修 / リペア

Copyright© Nuova Cinquecentista , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.